メンエスは衣装チェンジで選ぶの巻

目次

衣装チェンジって?

衣装の種類とパターン

衣装チェンジの相場は?

衣装チェンジのタイミング

男性の衣装は?

まとめ

メンエスはなぜ人気?メンズエステは衣装、制服、オプションで決まる!?

衣装チェンジって?

メンエスの醍醐味の一つは衣装チェンジです。

セラピストがお迎えの時に着ている制服からオプションの衣装、

コスチュームに着替えるオプションを用意しているメンエスが数多くあります。

多くのメンエスの制服はこんな感じです

これもこれで衣装としてはいいんですが施術がしずらかったりという理由などで

コスチューム、コスプレ、など衣装チェンジをするお店が多々あります。

制服は主に黒や白などシックな色が多く

衣装チェンジ後の衣装はピンクやパープル、赤など華やかでカラフルな

色が多いです。

衣装の種類とパターン

メンエスの衣装やコスチュームはベビードールやワンピース、

昔は水着もありましたが、

チャイナ服やナース、パジャマ、ボディコンなどなど

数多くあります。

衣装チェンジのお店のパターンを大きく分けると

衣装チェンジがない店

ホームページに載っている衣装や制服が基本でお出迎えから帰りまで一つのコスチュームです。

衣装チェンジを初めからしている店

ホームページに載っている衣装や制服ではなかったりする衣装でお迎えし、最初から衣装チェンジしているお店。

衣装チェンジ代がすでに料金に入っている。

衣装チェンジがあるけど選べないお店

衣装チェンジがあるものの衣装は決まっておりオプションで追加するかどうか選ぶことができる。

追加料金のお店が多い。

衣装チェンジがあり選べるお店

衣装チェンジできる衣装が何点か用意されており選べる。追加オプションで衣装によって金額が違ったりもする。

衣装チェンジがあり女の子によって選べるか選べないか変わる店

衣装チェンジがあるものの女の子によって着る衣装が違うお店。

追加料金あり。

この5パターンです。

衣装チェンジのタイミング

どんなタイミングで着替えるお店が多いかというと、

その1、お店に着いてすでに衣装チェンジをしているパターン

その2、部屋に入りコースを決めたり、お会計をし、シャワーに案内されます。

シャワーから出て部屋に戻ると『わーびっくり。こんな衣装ねー。』パターン

が最高です。

その3、部屋に戻っても着替えておらず、

うつ伏せになってる間に『着替えてきまーす』のパターンもあります。

普通は残念ですが

どんな衣装に着替えたかうつ伏せのまま鏡でチラチラみるのが楽しい。

というメンエスマスターもいます。

衣装チェンジの相場は?

衣装チェンジの金額の相場観は1000円から5000円ぐらいです。

そもそもコース料金に含まれているお店もありますが

お店に着いてから、女の子を見てから選べる店もあります

お店のコンセプトでお客さんに必ず選んでもらいたいお店や

女の子に全額バックして着てもらうお店や

最初から着るのを大前提にしているお店など、

お店によって衣装チェンジの優位性が変わるみたいで、

メンエス業界は衣装チェンジの金額が高ければ高いほど露出が多いわけではなさそうです。

男性の衣装は?

男性の衣装もメンエス業界にとって大事なコンセプトの一つです。

男性は部屋に入りシャワーを浴び、唯一着れる衣装それが

紙パンツです。

この紙パンツはメンエスに初めて行く人には恥ずかしさを感じるものかもしれません。

きつい、恥ずかしいなどの理由で履かない、途中で脱いでしまうなどのお客さんもいるみたいですが

お店側からするとアウトですね。

面積は少ないかもしれないですが、きついかもしれないですが、この紙パンツが

あることにより女の子は施術に集中でき、健全なメンエスが保たれるのです。

メンエスヘビーユーザーには紙パンツの種類でお店を決めるぐらい

強いこだわりを持っている方もいます。

基本的には紙の素材で腰の部分がゴムになっており

Tバック、ボクサー型、ブリーフ型などがあります

素材に関しては紙が一般的ですが

綿だったり、布だったりする素材を使っている紙パンツもあります。

形状に関しても

Tバックでも大きく2種類

鼠蹊部がゴムで締め付けられているものと

そうでないものがあります

締め付けられていないものをメンエス用語で横スカなどと呼びます。

またボクサー型もトランクスのように大きいものやボクサーパンツの様な

大きさのものなど様々です。

普段この履きなれない紙パンツにこだわりを持つメンエスユーザーは

履きやすさはもちろん肌触り、大きさにこだわりを持っています

お店側もそんな紙パンツをコースによって種類を使い分けたり

切ったりしてオリジナル感を出したり様々なパターンで

癒しを追求しています。

それではざっと見てみましょう

まずはTバック型紙パンツ

横がゴムになっています。一見前と後ろ間違える方もいます。ご注意ください。

50枚で842円と1枚16円とお手頃です。

そしてこれが横スカ型Tバックです

鼠蹊部のあたりに締め付け感が無く、これをいいと思われる方、そうでない方もいるみたいです。

50枚980円。一枚19.6円とこちらもリーズナブル。

こちらがブリーフ型紙パンツ。初代といった感じでしょうか。

こちらは50枚1373円。一枚27.46円

こちらがトランクス型、鼠蹊部に締め付け感がないものの面積が大きいため

鼠蹊部の施術で邪魔になる事もあり。

50枚2336円。一枚46.72円になります。

そしてそして

ボクサー型伸縮性紙パンツ

もはや紙パンツではないですが素材の説明には

”商品に使用している特殊伸縮性素材「マイクロフィンドライ」は、紙から生まれた新しい不織布で、コットンのような肌触りと伸縮率260%と伸びてフィットし、蒸散性(乾きやすさ)・透湿性(湿気の通り易さ)等にも優れた特徴を併せ持つ素材です。”

という明記があり伸縮性、通気性に優れています。こちらを使っているメンエスもあるぐらいです。

一枚150円とラグジュアリーな紙パンツですね。

今後マイ紙パンツを使う方、使えるお店もあるかもしれませんね。

履いてみたい方は買ってみるのもいいかもしれません。

まとめ

女の子もお客様も衣装チェンジはメンエスに行くにあたって大事な一つですね。

施術中に多少肌に接する衣装が硬い素材より柔らかい素材のほうがいいですね。

せっかく指名したいぐらいお気に入りの女の子が見つかったとしたら

違うパターンの衣装やコスプレで施術を受けてみたいですね。

お店によってはハロウィーンやクリスマスはもちろん

定期的にコスプレイベントをしていたり、衣装チェンジに

こだわりを持っていたり売りにしているお店もあります。

風営法の関係もあるみたいでホームページに衣装チェンジ後の衣装、コスチュームを出してないお店もあるみたいです。

事前に電話やツイッターで確認しましょう。

お好みの衣装、コスチュームでメンエスが受けれ最高の癒しがある様メンエスCメンも日々研究していきます。