メンエスはなぜ人気?メンズエステの流行加速!!

目次

メンエスとは?

メンエスの概要

メンエスの一般的な流れ

メンエスユーザー

メンエスで働く女の子

まとめ

メンエスとは?

メンエスとはメンズエステの略語です。

メンズエステとは男性が入れるエステサロンになりますが、昨今の流行りのメンエス、メンズエステはワンルームマンションなどで

20、30代の女の子と一対一でアロマエステや指圧マッサージの施術を受けるお店を言うことが多いです。

メンズエステの詳しくはコチラ

メンエスの概要

大きく分けて3〜4に分けられます。

一般日本人メンズエステ(店舗・出張)

一般日本人メンズエステをメンエスと呼ぶ人も多いですが昨今急増しているメンエスは一般日本人メンズエステです。

日本人の20、30代の女の子がワンルームマンションや店舗などで

アロママッサージ、指圧マッサージを一対一で施術してくれます。

時間は60、90、120分などですが、90分が一般的です。

アジアンエステ(店舗・出張)

アジアンエステは各駅に必ず1店舗はあるような昔からあるお店です。

駅そばに中国、韓国、台湾風の立て看板が出ていて雑居ビルやマンションにあることが多いです。

チャイエスとも呼ばれ指圧マッサージをメインとし

中国や、韓国、台湾、タイなどアジアのそれぞれの特有のマッサージを受けれます。

日本人風俗エステ/アジアン風俗エステ(店舗・出張)

エステやマッサージと風俗行為が施術内容です。

詳しいカテゴリー内容はコチラ

メンエスの一般的な流れ

ここからはメンエスは一般日本人メンズエステの事で説明していきます。

メンエスの体験談はネット上に多く存在します。

初めて行くお店の場合は体験談を読むのもいいかもしれません。

まずメンエスのほとんどは街に看板は出ていません。

探すにはポータルサイト、SNS、口コミなどが多いです。

東京23区にはほとんどの駅に1店舗は存在します。

ホームページから電話かメールで予約をします。

すぐに行きたい人は電話がいいでしょう。

お気に入りの女の子ができたり、何日も前から予約をとる方はメールを使う事もあります。

ホームページに住所を出していないメンエスが多いです。

理由は何点かあり、多くは完全予約制なので、突然来られても困るからでしょう。

他にも女の子の家に来たと言うコンセプトのメンエス、大家さんに無断で営業している、などなどが理由に挙げられそうです。

予約を取ると何時にどこどこに来てください。と電話かショートメールなどで伝えられます。

指定された場所で電話をするとマンションを指定され〇〇号室です。

と案内され、大抵はオートロックのマンションなので入り口でインターフォンを鳴らします。

ワンルームマンションが多く女の子一人で待機している場合が多く玄関を開けると女の子が迎えてくれます。

ここでの制服をや施術をするときの制服でお店を選ぶ人もいるみたいです。

靴を脱ぎ部屋に入るとシステム、料金、オプションなどの説明を受けコースを決め料金を支払います。

事前の電話で時間を決め、コースを現地で決める感じです。

支払いは現金がほとんどですが中にはクレジット決済ができるお店も最近は多いみたいです。

領収書が欲しい方はこの時もしくは電話の予約の段階で伝えましょう。

コースを決め料金を支払うとシャワーに入ります。

服を全部脱ぎバスタオルを巻き浴室に案内されます。

ここでアメニティーが多く用意されていて

無香料のボディーソープがある、

ドライヤーがある、

使い捨て歯磨きがある、

など店選びのポイントにするお客さんもいるみたいです。

仕事中に行く方やパートナーに内緒で行っている方には大事みたいです。

シャワーを浴び体を拭くと紙パンツを履きます。

この紙パンツもヘビーユーザーには好みがあり

ボクサーパンツ型、Tバック型など、素材も色々あります。

コチラも店選びのポイントかもしれません。

男性の衣装の詳細はコチラ

部屋に戻ると女の子が施術用の制服に着替えています。

多くの店はうつ伏せの施術から始まります。

コース決め シャワー

うつ伏せ 軽い指圧マッサージ 

うつ伏せ アロマエステ

仰向け アロマエステ

シャワー 帰り支度

こんな流れが多く90分コースでもシャワーの時間が前後10分用意されており

施術の時間は70分ぐらいです。

メンエスユーザー

なぜこんなに急増しているか?ですが

年齢で言えば30代40代50代ぐらいが多く金額も90分13000円〜25000円と高額なお店が多いため、20代や学生はほとんど来ません。

そんな年代の男性の

キャバクラ離れ

風俗離れ

M男子増加

そして

キャバクラ、風俗より楽でガールズバーより稼げる女子増加

こんな感じでしょうか

キャバクラ離れと言うかお酒をあまり飲まない、

グループで遊ばない

こんな傾向になりつつ、

キャバクラと料金があまり変わらないなら

マッサージがあって可愛い子がいるかも?

と言う想いで行っているユーザーが多いです。

風俗離れ メンエスはワンルームで一対一という環境もあって

かなり自由度が高いです。

もちろん風俗行為は禁止ですが

それに近い遊びができるかも?と思ってきているユーザーも多いです。

M男子増加 これが一番多いのかもしれませんが

M男子と言うとフェチっぽいですが、

身を委ねてマッサージやコミュニケーションで癒される男子が多いのかもしれません。

風俗行為がない中でマッサージやコミュニケーションでギリギリを楽しみ癒される。

そんなユーザーがメンエスメインユーザーかもしれません。

メンエスで働く女の子

更にセラピストと言われる女の子が

キャバクラのようにプライベートの時間もお客さんなどと連絡をしなくていい、

待機が一人だから面倒な人間関係がなくていい

などが理由になり学生から20代前半の女の子の中には働く子が急増しているみたいです。

メンエスまとめ

メンエスのユーザーや働く女の子の特徴で考えるとグループで遊ばない、

職場の人間関係が面倒など、

多くのリアルな人間関係を面倒に思うという今の時代が

メンエスの業界の一番の加速原因かもしれません。

まだ行ったことがない方も体験談やポータルサイト、

SNSを参考にメンエスで癒しのひとときをおくってみて下さい。